ケミカルフリーを選ぶ

それでは、敏感肌の人が使用するのに適しているのはどのような日焼け止めであるのかについて紹介します。最初に紹介するのは、ノンケミカルと呼ばれる種類のものを選択することについてです。このノンケミカルというのは、その名前の通りケミカル、つまり化学物質を使用していない種類のことを意味しています。表記には他にも幾つかの種類がありますが、ケミカルフリー、吸収剤フリーというような表記となっているものの基本的に同じ意味があります。

一般的な日焼け止めには紫外線吸収剤と呼ばれる成分が含まれており、これが肌に対して刺激を与えてしまうものであるため、敏感肌の人の場合にはこれが原因となって肌荒れなどを起こしてしまうケースがあります。それでは、これがない場合にはどのように紫外線対策が行えるようになっているのでしょうか。

これについては、紫外線散乱剤というものが代わりに使用されているものが多くなります。吸収するのではなく、反射させることによって肌に到達する量を減らす、という成分です。吸収剤に比べて刺激が弱く、肌に優しく使用できるのが特徴です。ただし、白浮きし易いというデメリットも有るため、その点を考えつつ使用を検討するのが良いでしょう。