SPFとPA

敏感肌の方の日焼け止め選びのポイントとして、次に紹介するのはSPFとPAについてです。この2つは多くの日焼け止めに記載されている情報ですが、それぞれどのような意味を持っているのでしょうか。

SPFというのは、紫外線B波を防ぐための効果の高さを示しているものです。主に数字で記載されていることが多く、10や20、高いもので50以上になっているものもあります。これに対してPAというのは、紫外線A波を防ぐための効果の高さを示しているものです。この2つはともに紫外線ではありますが、意味に多少の違いがあります。日焼けを起こしているのはB波で、シワやたるみの原因となっているのがA波であると考えるとわかりやすいでしょう。PAについては数字ではなく、+の数で表現されるようになっています。

基本的に、このSPFとPAの数値が高ければ高いほど、紫外線に対策する力は強くなります。しかし、その分肌に対する刺激も強くなってしまうため、その点を考えつつバランスが良いものを選ぶ事が重要になります。敏感肌の方は、SPF30、PA++までのものを使用するようにすると、刺激を抑えることができるでしょう。それ以上は、よほどの強い紫外線の場所でなければ、オーバースペックです。